RECRUIT

採用情報

INTERVIEW -先輩社員紹介-

入社理由

歴史がある会社なのに、
新しいことにも取り組んでいるから

機械加工

松本 梨那(25歳)

【出身】富山大学 工学部 機械知能システム工学科 卒

私の仕事

マシニングでの製造業務

マシニングと呼ばれる金属を削る機械を操作しての製造を行っています。 マシニングはプログラムデータで機械的に動くため、まずお客様からいただいた二次元図面を見て三次元CADでプログラムを作成します。 そのデータをマシニングに読み込ませ、ドリルで穴を開けたり、溝を掘ったりと金属を加工して完成します。
一般的な金属加工屋さんと違って当社の主な事業内容は板金加工なので、加工する金属の材料は四角いブロックとは限りません。 レーザーで切り抜いた板材に加工を行ったりもしています。 どこまでをレーザーで加工し、どこからマシニングで加工すればより安く・早くできるのか。 そんなことを考えるのも仕事の一環です。
迷ったり困ったりすることもありますが、上司やほかの方々に相談しやすい体制があるのも仕事として安心できる環境です。

この会社を選んだ理由

歴史がある会社なのに、新しいことにも取り組んでいるから

大学で機械系の勉強をしていたこと、そして地元で働きたいと思ったことから、「石川×機械」の検索条件でヒットした当社を知りました。 当社は創業100年を超える長い歴史を持ちながら、新しいことに挑戦し続けている会社でもあり、そのチャレンジングなところに興味を持ちました。
選考では早々に内定をいただいたこと、また役員陣の熱意に触れたことで気持ちが固まり、入社を決めました。
学生時代、『社会は厳しいものだ』(ドラマの見すぎかもしれませんが・・・)と思っていましたが、入社してみれば当社は一言で言うと「やさしい」会社であり、 有給なども気軽に取れ働きやすい会社だったので、イメージと違っていました。

これまでのキャリア

コーディング(半年) → 機械加工(今年で3年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

説明会で先輩と話す機会があると思います。 「残業があるか」という質問に対して濁す会社もあれば、1日2時間であっというまに40時間だよ、と会社や企業の考えや風土がぽろっと出てくることもあるので、そういったところも気にすると良いと思います。